昇級審査 – 柔道

Event

昇級審査

昇級審査会は、練習生に正しい目標を持たせ、練習の励みとする目的で、小学生を対象に、各年2回開催しています。
小学生の柔道は7級から1級までの昇級審査を実施しています。
昇級審査会での合格認定は、大阪府柔道連盟からの級位認定と同様の資格があります。

主催:大阪市立修道館 公益財団法人大阪武道振興協会

審査内容 (小学生)

審査項目 審査要領
7級
※1

服装を正す

一人で柔道衣を正しく着用することが出来る

正座の仕方

礼の仕方

座礼・立礼

後ろ受身
横受身

中腰の姿勢から

6級
※1

後ろ受身
横受身

立った姿勢から

前受身

膝をついた姿勢から

前回り受身

その場での前回り受身

大腰
袈裟固
膝車

5級
※1

前回り受身

移動しながら

前受身

立った姿勢から

寝技の基礎運動

脇締め・エビ・逆エビ・横エビ

支釣込足
釣込腰
上四方固

4級
※1

前回り受身

障害物を越えて

送足払い
大内刈
背負投
横四方固

抑込技の自由稽古

1分×2本 相手を変えて背中合わせから

3級
※1

前回り受身

投の形「浮落」の要領で実施(左右)

小外刈
小内刈
体落
払腰
崩上四方固

投技の連絡変化
※2つ以上の技を用いて2パターン行う

練習してきた連絡技を2パターン実施
例 小内刈→背負投、小外刈→払腰

立技の自由稽古

1分×2本 相手を変えて

2級
※2

内股
肩固

抑込技の連絡変化
※2つ以上の技を用いて2パターン行う

練習してきた連絡変化を実施(2種類)
例 袈裟固→肩固、横四方固→縦四方固

試合(2分)

練習試合であり、2試合行い 1勝以上

1級
※3

縦四方固

投技からの抑込技の連絡変化
※2つ以上の技を用いて2パターン行う

練習してきた連絡変化を実施(2種類)
例 小内刈→袈裟固、出足払→横四方固

試合(2分)

・3人リーグの場合:1勝1分 以上
・4人リーグの場合:2勝 以上
・5人リーグの場合:2勝1分 以上

主催者側と協議の上、技能レベルに相応する級から受験させることができるが、最低6ヶ月以上の柔道経験を有する者でなければならない。

※1 : 一年生から順次取得していくこと(当該級での修行経験を3ヶ月以上必要とする)

※2 : 5年生以上

※3 : 2級既得者

若干審査内容が変更したので、注意してください。

日程表

小学生前期
柔道
審査日 申込期間 開始時間

令和4年7月3日(日)

令和4年5月23日(月)~6月6日(月)

午前9時00分

小学生後期
柔道
審査日 申込期間 開始時間

令和4年11月23日(水・祝)

令和4年10月1日(土)~11月9日(水)

午前9時00分

審査申し込みについて

開催場所・申込先・・・大阪市立修道館

審査料 ・・・1,500円(来館または当日お支払いください)

柔道形練習会

日程 時間 内容

令和4年5月1日(日)

午前9時30分~午後0時30分

  1. 講話
  2. 展示演技
  3. 形練習
  4. 成果披露(希望者のみ)

寝技(固技)講習会

開催日 時間 内容
午前の部

令和4年11月13日(日)

9時30分 ~ 11時30分
(9時受付)

引き込んだ状態から抑え込む方法

午後の部

13時30分 ~ 15時30分
(13時受付)

四つん這いの相手に対し上からの攻める方法

loading